姓名判断鑑定家の油井秀允です。

対面鑑定をしていると、予約の電話を受ける時点で上手くいかない原因が分かったりします。

それについて今日はお話ししていきたいと思います。


今では人気占い師養成講座に集中するため山形での対面鑑定はほとんど行なっておりませんが、その前はほぼ休みなく朝から晩まで鑑定をしていて、三ヵ月から半年待ちになっている状態でした。

そうなると、予約の電話を毎日頂くわけですよね。

毎日電話を受けていると、その時点で上手くいってる上手くいってないというのは、だいたい分かってきます。

で、そこの基準は何かというと、自分都合なのかそうでないのか。

私のところに来る相談者で、三ヵ月ぐらいお待ちいただいている状況で、「今すごく悩みがあります」と。
で、「明日、行けます」とか、「これから行けます」という方っていらっしゃるんですよね。

こういう方、上手くいかない原因がそれなのかなと思ってしまいます。

自分都合になってしまうことが、運気の妨げになっているなと感じます。

同じ悩みであっても、皆さんお待ちいただいているので、「当然お待ちします」と言う方も勿論いる訳ですからね。

それからよくあるのは、事務所に朝行ったときに、予約もせずに事務所の前に並んでいらっしゃる。

こういう方も私は鑑定をすることはないということです。

「昨日から山形に来てます」とか「朝から並んでます」と言われても、「いや、お待ちいただいてる方がいらっしゃいますよ・・・」と思うんですよね。
ここが分からないと運気も上がっていきません。


これはちょっと雑談になってしまいますが、人気占い師養成講座をやらせていただいていて、個別コンサルは一回の時間が限られているんですが、これも性格が出るなと思います。

「先生、まもなく時間ですよ」って言う受講生もいれば、ずーっと話し続ける人もいます。

「先生、もうそろそろ時間ですけど、大丈夫ですか?」って言う方に関しては、延びるというか、わざと時間を遅らせてまで相談を受けるようにしています。

言わない受講生に関しては、「もう時間なので、そろそろ終わりにしましょう」と言うんですね。

それを受講生に勉強会で話をしたんですが、その後は受講生がみんな「先生、もうそろそろ時間ですけど、大丈夫ですか?」と言うようになってしまって、逆にどんどん時間が延びてしまっているというのがありますけどね・・・汗

しっかりメッセージが伝っているので良いことですけどね。笑


自分都合なのか、相手都合なのかで運気は変わるというお話を今日はさせていただきました。

何か気づきになりましたら幸いです。