このブログを読んでいる方ならご存知だと思いますが、
私は占い師である一方で
占い師を育成する仕事もしています。

そして、毎年たくさんの生徒が
占い師としてデビューしているのですが、

いざデビューする時に

「自分の鑑定スキルに自信がないんです」
「当たるか外れるか心配なんです」

と不安になる人は少なくありません。

そういう人に対して、
私は必ずこう言います。

「完璧な鑑定などないですよ」と。

当然ですよね?

私たちは神様じゃないんですから
相談者の過去や未来を完璧に
予測することなんてできないのです。

にもかかわらず、完璧を求める人は
自分のスキルに自信が持てるようになるまで
延々と勉強ばかりしています。

でも、スキルを身につけたいなら
実践するしかありません。

ちょっと思い返して欲しいんですが
初めて自転車に乗るとき
あなたは何か勉強しましたか?

どうやって乗るかとか
転ばないためにはどうすればいいかとか
考えましたか?

おそらく、そんなことないですよね。

まずは乗ってみる。
実際に乗ってみて、こいでみて
そして、コケる。

そりゃ痛いです。

でも、自転車に乗りたいから
もう一度乗ってみる。

またコケる。

それを繰り返しながら体でコツを掴み
やがて自転車に乗れるように
なったのではないでしょうか?

占いだって同じです。

ある程度の知識やスキルが身に付いたら
まずは鑑定してみる。

おそらく、その鑑定はあなたにとって
史上最低の出来になるでしょう。

思うように鑑定できないかもしれません。
学んだことをうまく活かせないかもしれません。

もしかしたら、
相談者にガッカリされるかもしれません。

でも、それはあなたにとっての最低ラインです。

次に鑑定する時は
必ずそれよりも良い鑑定が
できるようになっているはずです。

そして、鑑定すればするほど
どんどんうまくなっていくはずです。

最初からうまく鑑定できる占い師なんていませんし
そもそも完璧な鑑定ができる占い師もいません。

何度も何度も失敗して、恥をかきながら
やっと一人前の占い師になるのです。

でも、それも最初の鑑定を
しなければなれません。

あなたにとって、最も重要な鑑定。

それは、最も痛い思いをするであろう
一番最初の鑑定です。

そして、それをした人だけが
占い師として成長することができるのです。

それでは、また。

油井秀允