私は市場調査がてら街の占い師に
占ってもらうことがあるのですが
その度に驚くことがあります。

それは、、、

「相談者にアドバイスできる
占い師がほとんどいない」

ということです。

これは占い師としては致命的です。

なぜなら、
占い師の仕事は占うことではなく、

相談者の悩みや問題を解決し
望む結果が得られるように
手助けすることだからです。

これは何も占い師に
限ったことではありません。

例えば、パソコンを買うのは
パソコンが欲しいからではありません。

パソコンを使って
仕事の効率を上げたいからです。

化粧品や洋服を買うのは
化粧品や洋服が欲しいからではありません。

キレイでいたいから、
キレイに見られたいからです。

同じように、人が占いに通うのは
究極を言えば吉凶が知りたいからではなく
望む結果が得られるようになりたいからです。

にも関わらず、
ネガティブな鑑定結果だけを伝えて
相談者を奈落の底に突き落としている
占い師のなんと多いことか。。

私に言わせれば
吉凶や性格が当たるなんて
占い師としては当たり前です。

重要なのは、鑑定結果を踏まえた上で
どうすれば相談者はより良い人生を
歩むことができるのか?

です。

そのアドバイスができないなら、
占い師としてやっていくことは
諦めた方がいいでしょう。

逆に言えば、
相談者の人生をより良い方向に導く
アドバイスができるようになれば、

相談者の満足度は飛躍的に上がり
何度もリピートしてもらえるようになるでしょう。

さて、あなたの占いは相談者に
どんな未来をもたらしますか?

油井秀允