こんにちは。油井秀允です。

今日は、攻撃的なタイトルの記事にしてみました。笑

といっても、中身はいたって真面目な、姓名判断の算出方法についてです。

私が鑑定結果をお渡しすると、後から電話がかかってきて、「油井先生の鑑定間違ってますよ」なんて言われちゃうことがあるんですね。汗

今ではネットで文字を入力すれば簡単に姓名判断ができてしまいますから、そんな風に言われても仕方がない時代なのかななんて思ってはいます。

実はこのネットの鑑定や書店に並んでいる赤ちゃん名付けの本は、殆どが新字体で算出されています。

それとは逆に、プロの占い師が鑑定をする時は8:2ぐらいの割合で、旧字体でみる占い師が殆どなんです。

そもそも姓名判断の由来で考えると、漢字の成り立ちや意味などといったところから来ているので、旧字体で算出する占い師が多いのですね。

そんな姓名判断ですが、なんと流派だけで300もあると言われています。

どの流派が正解だ!というつもりはありませんが、私は旧字体で算出しますし、私の講座でも旧字体での算出方法をお伝えしています。

ネットや本を見てご自身で算出されてくる方も相談者の中でいらっしゃったりします。
私の名前は完璧です!と自信満々の方もいらっしゃるのですが、新字体旧字体に関わらず、詳しく見てみるとパッと見大吉揃いでも、バランスが非常に悪かったりする名前も多かったりするんですね。

逆にネットでみて結果が悪くて落ち込んでる方が、実はとてもバランスの良い名前だったということもあります。

ここ注意ですが、そもそも苗字から算出される先祖運に凶はありませんからね。

まぁ、ネットや本で全てがわかってしまったらプロの占い師要らなくなってしまうのでね・・・。汗
その辺りはしっかりお任せいただければなと思っています。

そんな訳で、今日は気になっている人もいるかな?という疑問に関しお伝えして見ました。