こんにちは、油井秀允です。

相談者の中でお金に困っている場合の口癖でよくあるのが、

お金が無いんです。

というものです。

こちら、口癖になってしまっていませんか?
私はこの言葉を聞いた場合、必ず相談者に改めていただいています。

お金が無いんじゃなくて、

今持ち合わせが無い。

と言ってくださいとお伝えしています。

「お金が無い」という言葉は、継続的にお金が無い状態という意味を含んでいます。これを普段から頻繁に口にしていたら、自分で自分にその情景を潜在意識に刷り込んんでいるのと同じです。

それとは逆に、「今持ち合わせが無い」という言葉は、”今は”財布にお金が入っていないだけで、普段はある、銀行に行けばあるという意味が含まれています。

少しの言葉の違いですが、潜在意識に与える影響は大きく変わってきます。

これ、是非実践してみてください。
今から変えてください。

普段口にする言葉にはセルフイメージが反映されています。
セルフイメージが言葉を作る、この流れが一般的ですが、普段の言葉を変えていくことでセルフイメージを書き換えていくことも可能です。

私は占い師なので、金運アップ法と聞いたら、”西に黄色の置物を”なんて答えを想像していた方もいらっしゃるかもしれませんね。

勿論歴史ある風水は開運にはとても役に立ちます。
しかし運勢も同じですが、良い運気を活かせるかどうかは、日頃の行いで変わってきます。
運気が良い時期だからと言って人や自分を大切にできない人は、その運気を活かせるベースができていないので、あまり意味が無くなります。

占いでみると運気がとても良いのに、私には運がないとずっと言っている人も見かけます。運勢を生かすも殺すも自分次第です。まずは良い運気を活かせるベースを整えていきましょう。

ベース作りに必要な情報も、これから小出しにしていきますので楽しみにしていてください。