テレビ番組の影響なのか
時代背景によるものなのか
「占い師になりたい」
という人が最近増えています。

実際、私のところにも
そういった人から
毎月たくさんの問い合わせや
相談をいただくのですが、

彼ら、彼女らの多くが
ある大きな勘違いをしていることに
最近気づきました。

その勘違いとは、、、

「占いの技術を身につければ
占い師になれる」

ということです。

はっきり言いましょう。

占いの技術を身につけても
占い師になることはできません。

いえ、占い師になることは
できるかもしれません。

でも、占い師として
「食べていく」
ことはできません。

なぜか?

それは、一般的な商品を
思い浮かべてみれば明らかです。

世の中にはたくさんの
商品で溢れています。

しかも、その多くが
いわゆる「良い商品」です。

でも、売れる商品というのは
その中のごく一部です。

なぜだと思いますか?

その商品のことを
誰も知らないからです。

知られていなければ
売れるわけがありません。

「一度試してもらえば
商品の良さをわかって
もらえるはずなんです」

という言葉を聞きますが、
私に言わせれば
そんなことは当たり前です。

「どうすれば、
試してもらうことができるか?」

そこでみんな苦労するのです。

占い師も同じです。

占いのスキルがあるのは当たり前。

重要なのは、
どうすればその良さを
多く人に知ってもらえるか?

どうすれば、鑑定に
足を運んでもらえるか?

つまり、集客やマーケティングが
必要不可欠なのです。

もちろん、もしあなたが
趣味で占い師をするのであれば
占いの技術だけを学べば良いでしょう。

でも、もしあなたが
占いをビジネスとしてやっていくのであれば
集客やマーケティングについても
しっかり学ぶ必要があるのです。

忘れてはいけません。

ビジネスとしてやっていく以上
私たちは占い師であると同時に
経営者でもあるのです。

油井秀允