こんにちは、油井秀允です。

今日のテーマは離婚する夫婦の5つの特徴です。

これを聞いてドキッ!と思う方、いるかと思います。

対面鑑定をする中でも、夫婦問題は凄く多いご相談の一つです。


それでは、離婚する夫婦の特徴を解説していきます。

1.向き合わない

1つ目の特徴はお互いが向き合わないことです。

向き合うことは当たり前だと思う人もいるでしょう。

でも、それがなかなかできないんですよ。


向き合わない結果、だんだんとすれ違うようになってきます。

もともと夫婦って他人同士、ご縁があって一緒になっているわけです。

そんな関係であり、やっぱり色んな問題がおこるわけなんです。


その問題が起こったときに向き合うことができるかということが、凄く大事なんです。

2.幸せの基準の違い

2つ目は、幸せの基準の違いです。

この基準が夫婦でズレてしまうと、当たり前のことが当たり前に思えなくなってしまいます。

そうなると、『隣の旦那さんのほうが』や『隣の奥さんのほうが』みたいに他の夫婦と比較をするようになってしまうんです。


幸せの基準は、本当にいろいろあります。

例えば夫婦で食事できること自体が幸せという人もいれば、高級なレストランじゃないと喜びを感じないという人もいるわけです。

そこの基準はいろいろあってもいいと思いますが、夫婦の幸せの基準を見つけること円満な夫婦関係を築くうえで大事ですよってことなんです。

3.金銭的価値観

3つ目は、金銭的価値観です。

例えば、趣味が車ですという方いるかと思います。

他にも、パチンコや競馬などいわゆるギャンブルが趣味ですって方も多いかと思います。


そういったところにつぎこむお金の価値観の違いによって、最終的には金銭的な不安が生まれ、離婚につながるのです。

自分の収入にあった趣味を持つこと、それを双方で認めることが大事です。

収入の枠を超え、ギリギリのラインで趣味につぎ込んだりすると、経済的な不安が生まれてしまいます。

そのような余裕がない状態におちいると離婚につながってしまうんです。

4.褒めない

4つ目は相手を褒めないということです。

離婚危機に陥った夫婦では、あの人が悪いというように相手を褒めない状態になり、自分は悪くないなどのように、自分を擁護するような状態になってしまいます。

私の場合、相談者と話をする機会の中で、旦那や妻が最悪でなどの言葉を耳にすることが本当に多いんです。

旦那が本当に魅力がなくてとか、言葉も下手で、などのような悪口みたいなことを言われるんですよね。


これ私から言うと、『自分男運ないよ』『自分女運ないよ』と言ってるみたいなものです。

せっかく自分が出会った人、自分が好きになった人を批判するということは、結局、自分の見る目がないんですよって言ってるようなものです。

むなしくなるのでやめた方がいいと思います。


夫婦生活の中で、自分がしないことを相手はやってくれています。

やってくれていることに対し尊敬する心を持つようにしたいものですね。

褒めない、そういうところがあると、どうしても離婚に結びつきやすいのかと思います。

5.経済的な自立

5つ目は、経済的な自立になります。

お金は大事で、やっぱり収入が安定しなくなってしまうと、どうしても別れる夫婦って多いです。

やっぱお金って大事なんです。

お金の切れ目が縁の切れ目じゃないんですけれど、こういう経済的な豊かさってすごい大事だなと思いますね。

今の世の中、正社員でなくてもお金を稼ぐためにいろんなことをやれる時代です。

副業とかもそうですが、やれることをやり、安定させることは大事です。

夫婦関係は忍耐が必要

5つの特徴を解説しましたが、もう一つ大事なポイントがあります。

ずばり、夫婦関係には『忍耐が必要』なんです、忍耐


これが我慢っていう言葉になってしまうと、我慢、我慢、我慢というふうに思ってしまう場合もあって、自分が苦しくなってしまいます

我慢ではなく、やっぱ夫婦関係ってこういうものだよねっていうところを物差しにすると意外と気持ちが楽になります


この5つの特徴と忍耐について、動画でも詳しくお話ししていますので、ぜひご覧ください。