今日は『ちょっとあの日に帰りたい』と思っています。

どういうことかというと、16年前の私が占い師になる前の頃のお話しをしたいんです。


姓名判断鑑定家の油井秀允です。

普段、こういった自分の話をする機会は、ほとんどありません。

帰りたいあの日というのは16年前、私がまだ普通のサラリーマンだった頃です。

これから何か動きだしたい方に参考になればいいなというふうに思います。

サラリーマンから占い師へのきっかけ

私は普通にサラリーマンをしていました。

ただ、『とにかく独立をしたい』っていう思いが常にあったんです。

この独立したいという願望がものすごく強かったんですね。


その頃の私は、何時から何時までは仕事といったように時間が決まって働いているサラリーマンという働き方がまず苦手だったんです。

そうしたある時に、占い師への道に進むちょっとしたきっかけがあったんです。


私は職場内での人関係、特に上司との関わりかたで悩みがあり、自分の中でも結構いっぱいいっぱの状態になっていた時があったんです。

そんな時に、たまたま職場の方から、「当たる占い師の先生がいるよ」という話題がでたんです。


当時の私は、実はそれほど占いに興味はありませんでした。

ただその時に、何かきっかけになればいいなという感じで、何かに背中を押されました。

そして「ちょっと鑑定受けてみようかな」という感じで、動かされたんです。


今思うと、まずそれが今の油井を作るきっかけだったんじゃないかなと思います。

このときの鑑定の話はまた機会があればしたいと思います。

サラリーマンを辞める決断と当時の思い

今日の話は、ここからがポイントになります。

私は結局、会社を退職することにしました。

そのときに退職の意思を伝えると、会議室に呼ばれたんです。

会議室には社長と役員、それに私の上司がいました。

そこで、役員から言われたことは、今でもはっきり覚えています。

・お前はこれからの可能性・チャンスを逃したんだ
・この会社で頑張ればチャンスはまだまだあるのにな、残念だ


そんなことを言われたんです。


まだ20代だった私は、

そっか、チャンスを自分で逃したんだな
ああ、これは間違った選択をしてしまったのかな

と思いながら退職日までを過ごしました。


そして退職した次の日のことです。

もう会社に行くことはありませんので、これからどうしようかと模索をはじめました。

退職翌日とはいえ、いろんな情報を得られました。

そして、昨日まで思っていた不安などの気持ちはいっきに吹き飛んでしまいました。


・世の中にはこんなにたくさんチャンスが転がってるんだ!
・本当にこんなこともできるんだ!こんなこともやれるんだ!

そうやって希望に満ちたりた思いでいっぱいになったんです。

サラリーマンとして会社に勤めていると、いろいろな制限があります。

そのような制限がなくなり、自分一人で社会に出るようになる、ようするに組織を離れて一人でこれから生きていかなきゃいけないとなった時に、本当にそう思ったんです。

決断してよかったな!

希望に溢れた私は、心の底からそのように思いました。

今こうやって占い師として皆さんとお会いできる立場でいられることは、退職という一歩があったからこそです。

今、本当にとても幸せです。

やっぱり決断したからですよ。

夢を追いかけ退職という決断をしたからこそ、今の油井があるんだなと思います。


いつも受講生とか相談者にも伝えているんですが、結局は今の日常です。

もし、現状が満足じゃないものだった場合、何かを変えなければいけないんです。

裏を返せば、何かを捨てるぐらいの覚悟がなければ、人生を変えることはできません。

そういったところで、自分が何をやりたいのか、何に幸せの価値をおくかというのがすごく大事だと思います。

私の場合は、サラリーマンを辞めて独立したいというところから、安定したサラリーマンを捨てたわけです。

決断には勇気がいりますが、決断しなければ前には進まないんです

ぜひ私の昔話が皆さんにとって、何かの参考になれば嬉しいです。


動画でもお話ししていますので、ぜひご視聴いただければと思います。