姓名判断鑑定家の油井秀允です。

今日のテーマはこちら!

すべての占い師よ、自覚せよ!あなたは胡散臭い!

このようなことを言うと、油井さんあなたも占い師だよねと思うかも知れません。

そうなんです、占い師は胡散臭いのです。

ということで、この胡散臭さをテーマに話ししていきたいと思います。

17年間気付かなかったことをホリエモンが気付かせてくれた話

ホリエモンと会食をしたときの話ですが、私が17年間占い師をしていたなかで気付かなかったことをホリエモンからプレゼントしていただきました。

ホリエモン、本当にありがとう。

これはホリエモンにしてみれば、全くプレゼントしたようなことではないかもしれません。ですが、私にとってはもの凄くいい勉強になったことだったのです。

それはどういうことかというと、今回のテーマである『胡散臭い』、これに関する話なのです。

私は17年間占い師として、できるだけこの胡散臭さを排除できたら嬉しいなとずっと思っていました。

皆さんから胡散臭いと思われたくない、だから払拭するためにできる努力をしてきていたのです。

ですがこれ、私気付いたのです。

占い師は何をやっても胡散臭い!

これが答えでした。

これがわかったら、もう楽ですね、本当に。


やっぱり世間の占い師に対する目というのは、胡散臭いという目なんですよ。

でもこれ逆を言えば、胡散臭さがなんぼという世界なんですよ、本当に。

なので、胡散臭さを払拭する努力は、止めた方がいいです。

例えばプロフィールの中に学歴を書く。

書いたとしても大丈夫、しっかり胡散臭いですから。

また、占い師の立場で資格を書いたとしましょう。

例えばキャリアコンサルタントだったり、心理カウンセラーだったり。

これ書いてしまうと、一瞬でそのプロフィール胡散臭くなります。

どんなに綺麗ごとをSNSで書いたとしても、胡散臭さは変わりません。

いいですね、占い師である以上、胡散臭さは変わらないのです。


例えば他の占い師の悪口を書いたところで、あなたも十分胡散臭いんですよ。

ホリエモンと話しをしていて、本当にこの部分に気付かせてもらえたのです。

胡散臭く見られる覚悟がなければ占い師にはなれません

占い師に対する世間の目というのは、凄く胡散臭く見えているということ。

でもこう見られる覚悟がなければ、占い師にはなれないですよ、本当に。

この覚悟を持ってしっかり殻を破り色々な人を元気にさせてあげたいとか、背中を押してあげたい、相談が終わったら笑顔で帰ってほしいという気持ちがあるのだったら、ぜひここは、その胡散臭さをバネに変えて、頑張ってほしいと思います。

それを実現するには、何が大事かということですが、その前提となるのは結局胡散臭さというのは変わらないということ。

それだったら、変えることができることを変えればいいのです。

それは何かといえば、ブランディングです。

占い師のブランディングを変えるのです。

この話をホリエモンに話ししたら、次のようなことを言われました。

『そもそも占い師のブランディングって何ですか油井さん』

その答えを簡単に言うと、やっぱり見た目これを重用視しなくてはいけないのです。

見た目ですよ、これ凄い重要なことなのです。

これから占い師を目指したいという方、今占い師をしていて中々売り上げが上がらないという方、一度自分の見た目、服を意識していただきたいと思います。

今日は占い師になって17年目、占い師はやっぱり胡散臭かった。

その印象は払拭できなかった!

まあこんな話しでした。


詳しく動画でも解説していますので、そちらもぜひご参考にご覧ください。